★あなたの人生が狂わぬよう手術別の名医をお教えします 

名医をお教えします≫
(失敗画像 解説付き)

NHKで紹介された公式ブログ≫

名医を探そうと調べれば調べるほど迷ってしまった経験はありませんか・・・
クリニックのHPやブログには魅力的な内容しか載せておらず、実際に起こした失敗やリスクには触れていないので信用できない。
症例写真は明らかに加工されており鵜呑みにできない。
そもそも術前写真はスッピン、固い表情、暗い被写体なのに、術後写真は薄っすらとメイク、かすかに微笑んだ表情、明るい被写体で撮ってあるので比較にならない。
カウンセリングにおけるドクターの感じが良かったり納得のいく内容であったからといって手術の技量とは別問題。
そもそもカウンセリングの大部分をカウンセラー(というと聞こえがいいがその実態は営業スタッフ)に任せているクリニックも多い。
メール相談に対する回答が丁寧だったり納得のいく内容であったからといって手術の技量とは別問題。
そもそもメール相談への回答はドクターが書いているとは限らずスタッフが担当しているクリニックも多い。
ネット上の口コミ情報は賛否両論がある上に余りにも情報量が多すぎて何を信じていいのか余計に迷ってしまう。 等々

そこで、もし自分が受けたい手術の名医を見いだせない場合には・・・
下記の手術別 「メール相談フォーム」 から管理人へご相談ください。原則メールが届いた24時間内に返信を差し上げます。なお、相談フォームの記入内容によっては管理人の判断で抽象的な回答にとどめるかも知れません。予めご了承ください。

すでにカウンセリングを受けたり候補のクリニック(ドクター)がある場合・・・
そのクリニック(ドクター)名を相談フォームに記入され送信ください。僭越ながら管理人が知りうる限りのアドバイスをさせていただきます。

プライバシーについて・・・
相談内容が美容整形という性質上、相談フォームには、氏名住所電話番号など個人情報に関する記入項目は設けてありません。ですから何の心配もせずお気軽にご相談ください。

もちろん相談は無料です・・・
このブログは営利を目的に開設しているわけではありません。
美容外科医の90%以上がお金と向き合うだけで患者とは向き合いません。管理人など微力ではありますが医師の倫理にもとる輩に一矢を報いたくこのブログを開設しているに過ぎません

▼以下、手術別の 「メール相談フォーム」 です・・・
——————————————————-
輪郭形成 エラ、顎、頬の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
豊胸(脂肪注入) 豊胸の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
フェイスリフト フェイスリフトの名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
目もと 目元のクマ、たるみの名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
二重瞼 目の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
鼻 鼻の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
矯正歯科 矯正歯科の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
名医 上記以外の名医 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-
美容整形 美容整形/全般の相談 左の文章をクリックして下さい
——————————————————-

下顎のセットバックと顎先の骨切りが気になる

名医をお教えします≫
(失敗画像 解説付き)

NHKで紹介された公式ブログ≫

整形 エラ 頬-Themes|

下顎のセットバックと顎先の骨切りが気になる

ずっとコンプレックスである顎を治そうと思い、美容外科に骨切りに行こうと思ってます。ふつうの表情をしていても何となく顎が気になりますが、笑うと露骨に顎が強調されます。顎がしゃくれているのか受け口なのか自分では判断できかねます。美容外科のHPを参考にしてみたところ、どうやら自分には顎先の骨切り・骨削りと、下顎のセットバックの手術が良いのかなと思いました。術後の腫れ、内出血、痛み、口の開閉、痺れなどが心配です。ダウンタイムはどれくらい確保しておけばベストですか。この手術となったら入院が必要と認識してますので今のところ2週間の休暇を考えてますが、15日目に会社に行ってもばれないでしょうか。今まで人生で病院にお世話になったことなんて風邪と予防接種くらいですので全身麻酔ともなればいささか不安が募ります|顎整形、他手術|

————————-◇

上記の文章は「読者の寄稿記事」です。 輪郭手術をと考えているのでしたら、とりあえずは輪郭手術に長けている名医のカウンセリングを受けてみて、施術するか否かはそれから決めるくらいの精神的な余裕をもちましょう。 輪郭手術のカウンセリングではレントゲン撮影をするケースがほとんどです。 そして、その画像を数値化し、患者さんの輪郭が平均値と比べてどうか、どうすれば理想の輪郭に近づけるかなどを細かく分析してくれます。 また中には、レントゲン写真に分度器で直接線を引くなど、患者がより理解しやすいようにとアナログ的な説明をしてくれる親切な名医もいます。 逆に、「経験豊富だから大丈夫…」などと言ってレントゲン撮影をしないようなクリニックで手術を受けることはお勧めできません。 もし輪郭形成に長けている名医なんて皆目検討がつかないというのであれば管理人にメールでご相談ください。 なお、すでにカウセを受けていたり、候補に挙げているクリニックなりドクターがいましたらその事もメールに書いて下さい。僭越ながら管理人が辛口によるアドバイスをさせていただきます。 管理人は読者にクドイと嫌われることを承知で、この輪郭手術の記事を何回もアップしてきましたが、それには以下のような理由があるからです。 輪郭手術は名医に託しさえすれば何の問題もない安全な手術です。 が、美容整形の手術の中にあって一番高度な技術を要するのは確かであり、ヤブ医者の手にかかり、まかり間違えれば生涯を身体障害者で過ごさなければならない最悪なケースが一番起きうる手術でもあります。 医師の輪郭形成における技量の差は非常に大きく、これを自動車の運転に例えるならば、F1レーサーと軽自動車のドライバーほどの差があると言っても過言ではありません。 そんな理由から、仮に手術料が高額であったり、クリニックの所在地が飛行機で行かなくてはならない遠方であったとしても輪郭手術だけは名医中の名医に託すのが絶対条件です。 ただし手術料が高額だからといって必ずしも優良院、名医とは限りません。その殆どが悪徳医院、ヤブ医者ですので呉々もご注意ください。 ちなみに、仮に管理人が輪郭形成の手術を受けるとしたら、技量とハートの両面において全幅の信頼がおける名医中の名医は二人に絞り込みます。反対に、たとえ1億円くれるからと言われても絶対にパスをしたい医院、医師は数えきれません。 以上、輪郭手術は自分の人生を赤の他人である一医師に託すと言っても過言ではありません。 まかり間違っても悪徳医院、ヤブ医者に施術を託すことのないよう慎重の上にも慎重をきしてください。 最後に、ネット上の口コミ情報や、クリニックのHPや症例写真を信じるなんて百害あって一利なし。これほど愚かなことはありません。

- – – – – – – – – – – — – – – –
▽読者寄稿記事

私の顔は横から見るととても平面的で、理想のEラインとはかけ離れています。自分では下顎のセットバックか歯列矯正で下の歯を引っ込めるのが解決策だと思っていました。でも矯正歯科に相談してもいつも返ってくる返事は「やってもいいけど大して変わらないからお勧めしない。」ばかりで、口元を引っ込めることは諦めていたんです。ところが、あるブログの方の症例写真を見て、あまりに自分の理想に近かったので、とても惹かれました。すぐさまその方に連絡をとって手術をしたクリニックを教えていただき、カウンセリングに行ってきました。レントゲンを撮ってもらって先生から提案された施術、その名も「ルフォーⅠ型骨切り術と下顎矢状分割骨切り術」です。上下の顎全体を後退させると同時に上方向へ引き上げるという骨切り術です。行う事によって、顔の下半分を後ろに下げ、中顔面を短縮することが出来、更に顔を自然に立体的にするというものです。先生もおっしゃっていましたが、この効果はエラ削りだけでも顎削りだけでも無理だと思う。実際にやった人の写真を見せてもらいましたが、本当に顔の長さも大きさも違う。目や鼻はいじってないのに顔全体が垢抜けた感じになってる。同じ悩みをもってる人なら絶対にやりたいはず。でもこの手術、日本では限られたお医者さんしかできないし、ダウンタイムも費用もデカイ。入院は必要だしお金は200万以上の高額。100万と見越してたのが甘かった、でも絶対このクリニックでやりたい。仕事かけもちでお金貯めなきゃ私には無理なので頑張ります。こういうことには頑張れる自分。このクリニックは顔を総合的に見て、その人の希望にはどの手術をしたら良いか提案してくれます。対応はとても丁寧だと思います。内装も落ち着いているし。顎の手術って人生の一大イベントだと思う。他の体験者のブログ読んでると大金はたいて結果が不満足って人もいるし、やって良かったって人もいる。せっかく親からもらった身体にメス入れてって思う人もいるかもしれないけど、やっぱり手術はしたい。結果がどうなってもそれは自分で決めたことだから後悔しないようにと思ってます。

顎の中抜き法とは、長いあごを短く、大きなあごを小さくする手術です。顎の骨をスライスしてくり抜き、上下の骨を固定します。つまりくり抜いた骨の分だけ、あごの長さが短くなります。単純にあごの骨を削り落とすと、あご下の形が直線的で不自然になったり、あご下の筋肉がたるんでしまったりすることがあるので、このような中抜き法で手術するのです。上下の骨をそのまま固定すると、せっかく中抜き法で手術してもあご下の筋肉が緩んでたるむことがあるので、これを防ぐために下の骨の前面を削り前方にスライドさせて上の骨と固定します。上下の骨の段差は、同時に削って滑らかにします。全身麻酔下で口の中から治療し、口の中の切開部分は溶ける糸で縫合します。術後は数日程度、フェイスバンドをつけます。顎の中抜き法が完成するのは半年後くらいになります。
– – – – – – – – – – – – – – – – – -

手紙 あなたの人生が狂わぬよう手術別の名医をお教えします

左クリック NHKで報道された管理人の公式ブログ!